塾に通って医学部を目指そう|スムーズに合格します

男の人と女の人

2年で卒業できます

短大は4年制大学と違い、2年で卒業できます。必要な単位も4年制大学の半分で済みます。すぐに専門的な学業をすることになるので、入学する頃には就職先を決めておくと、効率よく勉強することができます。希望すれば4年制大学に編入することもできます。

独学では得られない利点

先生

情報収集にお金を惜しむな

医学部受験に塾は必要かと言われれば、必ずしもそうではありません。勉強の仕方は人それぞれですから、塾が向いている人、向いていない人は他学部受験と同様に、医学部受験においても様々です。では医学部受験を志す人にとっての塾のメリットとは何でしょうか。最たるものが、受験傾向の情報収集です。高校の内容の発展、基礎の組み合わせから出る入試問題ですが、医学部の出題傾向は他学部よりも比較的複雑です。例えば、英語の問題では、専門的な理系の英単語を数百個、他学部受験の受験生よりもプラスアルファで覚えている必要があると言われています。これは、手持ちの一般的な受験用英単語帳を何周こなしても出会わない英単語ですから、この情報を知っているか知っていないかは、致命的な知識量の差になり、点数になって現れることになります。このような情報は、塾へ行かなければ得られることができません。塾以外で情報が得られる場所があるとすれば、本屋で片っ端から参考書を探すか、インターネットで検索をかけるなど手間と時間がかかります。塾に通うことで、知らない情報も講師に教わることができ、時間を有効に使うことができます。受験指導のプロが、最短ルートで、一瞬でそのような情報を提供してくれるのです。医学部受験において大切なことは、単に塾に行ってお金をかければよいということではありません。大切なのは、勉強そのものに費やす時間を死守することと、受験において有益な情報を得ることにこそ塾などの助けを借り、費用を惜しまないことです。もし、医学部の受験を検討しているなら、医学部合格者の輩出実績の高い塾の入塾を検討してみましょう。

学生

自動的に高校へ進める

中学受験をするメリットのひとつが高校入試をスキップできる点で、結果として有名な大学や大手の企業に入りやすくなります。また、中学受験を行っている名古屋の学校は面接を行ない生徒の学習意欲もチェックしているので、安心して学生生活が送れます。

先生と生徒

自分のための学校選び

現在は数多くの種類の専門学校があるので、どこに通いたいのか考えておきましょう。ネットで専門学校を一覧できるサイトを探すのもいいですし、求人票が多く寄せられている就職に強そうな学校を選ぶこともできます。また積極的にオープンキャンパスに参加することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加