塾に通って医学部を目指そう|スムーズに合格します

男女

2年で卒業できます

男女

大学が卒業までに要する期間が4年必要なのに対し、短大というのは卒業に要するまでの期間が3年以下である学校を指しています。多くの短大が卒業まで2年というところが多いですが、医療系の短大では3年になります。習得しなければならない単位も4年制の大学の半分で済みますが、在学期間も短いためにスケジュールが詰まっています。授業を受け、試験で一定の点数を取る又はレポートを提出して自分の考えを示し、教授に合格と認められれば単位が取れます。単位は1講座で1単位とは限らず、1講座で複数単位が取れることもあります。どのような講座を受けるのかは自分で組み立てる必要があります。単位が目標数たまり、卒業のための試験に受かれば、晴れて卒業が認められます。2年間で就業に必要な知識を得ることができるので、早く社会人になりたい人に人気です。短大はもともと女性用に作られたので、今でも入学する人の多くが女性になっています。4年制大学の場合は、1年生の時に一般的知識を学び、以降自分の学びたい専門知識を深めていくことになりますが、短大の場合は一般知識を得ながら専門知識も深めていくことになります。なので、入学する段階で、就職先を考えて勉強していくことが大切です。短大を卒業しても、もっと知識を深めたいという人は4年制大学に編入することもできます。改めて1年生から始めるのではなく、3年生として編入できるケースも多いので、余計な学費を払わずにすみます。短大の多くは4年制大学と提携しているところが多いので、相談してみることも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加